現在の閲覧者数: 吉田類の酒場放浪記 2012.12.31 年またぎ酒場放浪記 第2部  ちろわんこの雑記帳

ちろわんこの雑記帳

BS-TBS「吉田類の酒場放浪記」最速レビューブログ(・∀・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

吉田類の酒場放浪記 2012.12.31 年またぎ酒場放浪記 第2部 

 さぁ、2012年も残すところ1時間を切りました。
 「吉田類の年またぎ酒場放浪記」も第2部に突入しました。

 さぁ、吉田類さんと楽しく年越ししませう!

1軒目
亀戸・伊勢元(新作)

散策の部

 ビリヤード店へ。
 大学を卒業してから1回もやったことないなぁ…

酒場の部

 まずは、下町ハイボールでスタート。
 ご常連さんに勧められてチョイスしたにもかかわらず乾杯は無し… (´・ω・`)

 さて、肴は…

 最初はソイ刺しから。
 うーん… 以下にも下町という感じですなぁ。

 お次は、ガツの煮込み。
 これは、ハイボールが進みそうですなぁ… (*´д`*)ハァハァハァアハァ

 ところで、この煮込み、相当うまいと見えて吉田さんが大絶賛。
 一度食べてみたいなぁ…( ゚ρ゚ )アゥー

 ここで、酒チェンジ。
 青森の地酒だという豊杯を選ぶ。
 
 さて、お次はといきたいところだったが… (´・ω・`)

 トイレに行ってました… orz
 ごめんなさい。

 ご店主が浪曲を披露していたところでフィニィッシュ。

 ちろがあっけにとられている間に次の店へと向かった吉田さんであった。

2軒目

…っておい、なんでおんな酒場放浪記なんだよ
(・∀・)カエレ!!
 しかも一番つまらないモデルの女ときたもんだ…

ということで、テレ東のジルベスタコンサートにチャンネルを変えたちろであった。

 こっちはこっちで、司会者が脱税脳科学者… お前も(・∀・)カエレ!!
 森本さんだけでいいですわ…

 さぁ、そんなこんなで仕切り直しですよ。

2軒目
千駄木・五十蔵(新作)

散策の部

 商店街へ繰り出す。
 パンをつまんだり総菜店でメンチカツを買って酒屋さんの前でコップ津酒を飲んだりと
満喫した様子。

酒場の部

 ものすごい袋小路にの中にあるディープな佇まいの店。

 まずは、生ビールでスタート。
 残念ながら乾杯は無し… (´・ω・`)

 お通しは株漬け。
 吉田さんも自分で漬けているというが、調理している姿が全く想像できないw

 さて、肴と参りましょう。

 まずは、からすみ。
 3切れで1200円なり… 

 ここで日本酒にチェンジ。
 愛媛の小富士の超辛口を選ぶ。
 もっきり状態に注がれた酒を水飲み鳥のように飲む。

 ここでまったりタイム。

 ちょこっとトイレに行って来ましたw

 ご常連さんから、まぐろ胃袋のボイルぽん酢和えなるものを貰う。
 これは、まぐろの胃袋を豆板醤、酒、にんにくで併せたぽん酢和えだという。
 一体どんな味がするんだろう… ( ゚ρ゚ )アゥー

 続いて謎の「車麩ステーキ」を食す。
 麩のステーキって一体どんな感じなのだろう? (・ω・ )モニュ?

 そして、〆の一品。
 はたの鍋を食す。
 ぽん酢とかぼすで食べるこの鍋は見ているだけでよだれが垂れてきそうだ…

 よだれを啜るちろを尻目にさっさと次の店へと向かう吉田さんであった。

 これで2012年分の放送は終了。

 さぁ、2013年の1軒目はどこかと思ったら…  Σ(゚д゚lll)ガーン

 また、おんな酒場放浪記かよ…

 しかも、2本も流しやがった…
 その間、テレ東のジルベスターコンサートを見ていたちろであった。

 BS-TBSよ空気読め!
 ふざけんな!!

3軒目
浅草・丸太ごうし(新作)

散策の部

 お約束の浅草寺へ。
 仲見世で七味唐辛子煎餅を食す。
 ここで豪快にむせて貰いたいところであったが、持ちこたえる… (´・ω・`)

 続いて、扇子屋でセンスがいいですねとおやじギャグをかますが、ナレーターの
河本さんにもスルーされるw

 そんでもって、もう一件寄って最後に酒祈願。

酒場の部

 まずは、日本酒でスタート。

 つづいて、肴はおでん。
 この時期は、おでんがおいしい季節(・∀・)
 大根、牛すじ、昆布にこんにゃくと食す。

 ここで、ご常連さん巡りをスタート。
 乾杯ついでに強奪といきたいところだが、ここはおとなしく自分の席へ戻る。

 今度は、しめさばを注文。
 しめさばの供に剣菱を選ぶ。

 鳥羽産の一年物のカキを食す。
 かなり大振りで(・∀・)イイ!!
 そして、剣菱を飲む。

 さらにサービスで供された茶飯を食す。
 むむむ... この流れはこれで終わりですな…

 2013年の1軒目としてはちょっと勢いが感じられなかった… (´・ω・`)

 今年も頼みますよと去っていく吉田さんの背中に願をかけるちろであった。


 

 ここで、2012年~2013年の年またぎ酒場放浪記は終了。
 途中、余計なおんな酒場放浪記が挟まれて興ざめだったのが遺憾だが。

 そういうわけで、吉田類さん1年間ちろにたくさんの元気をプレゼントしてくれて
ありが㌧。

 今年もたくさんの元気をちろにくださいね (・∀・)


関連記事
スポンサーサイト

別窓 | 吉田類の酒場放浪記 | コメント:2 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<あけましておめでとうございます(・∀・) | ちろわんこの雑記帳 | 吉田類の酒場放浪記 2012.12.31 年またぎ酒場放浪記 第1部 「古事記1300年 日本神話の酒を呑む」>>

この記事のコメント:

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

m(_ _)m
2013-01-01 Tue 23:34 | URL | yk #-[ 内容変更] | top↑
三が日が過ぎてしまいましたが…
明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします(・∀・)
2013-01-04 Fri 00:06 | URL | ちろ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

[妖精帝國] ブログ村キーワード あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 トラックバックで失礼いたします。 昨年はいいこともなくだらだらとすごし …
∧top | under∨
| ちろわんこの雑記帳 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。